「霞ケ浦聖苑」での収骨方式について



   ご遺族様の焼骨に対する考えは様々であるとは思いますが、霞ケ浦聖苑の収骨方式については、炉前ホールに炉内台車を引き出し、収骨室で「炉内台車上からの直接収骨方式」を採っております。

そのため、収骨時には以下のような事がありますので、ご案内申し上げます。


1 収骨準備時間

・収骨準備には時間はかかりませんが、炉内台車が熱いため、出来るだけ収骨しやすくするよう冷却時間をとっており準備時間がかかります。


2 火傷(やけど)

・炉内台車はあらかじめ冷却時間をとっておりますが、急激には冷えないため、収骨の際は台車の熱による火傷に十分ご注意をお願いします。


3 粉塵(ほこり)

・副葬品が多い場合など取り除けない灰が残るため,その灰が飛散する場合もございますのでご了承願います。


4 臭気(におい)

・副葬品などの影響により炉内台車上に残った臭気が発生することがありますので、ご了承願います。



職員一同、十分注意を払い火葬のお手伝いをさせていただいておりますが、なにとぞご理解をお願い申し上げます。




霞ケ浦聖苑 所長