新年度のごあいさつ

 鹿行広域事務組合のホームページへお越しくださり誠にありがとうございます。

 今年も3か月が過ぎ新年度を迎えました。春の光に木々の新緑が映え,入園式や入学式など希望に満ちた日々の中,今年は昨年から引き続いて猛威をふるう新型コロナウイルス感染症により様々な制約が課され,例年とは異なる春を迎えていることと思います。

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が,令和3年2月から順次開始されており,感染拡大防止に大きな効果が期待されているところです。しかしながら,新型コロナウイルス感染拡大防止のためには,一人ひとりの予防意識の徹底や基本的な感染予防の実施が重要となりますので,引き続き感染症対策への御協力をお願いします。

 さて,今年は延期されていた「東京2020オリンピック,パラリンピック」の開催が予定されており,世界中からトップアスリートが東京に集います。当鹿行地域においては,サッカー競技が茨城カシマスタジアムで開催される予定です。安心安全な環境で大会に参加していただけるよう,地域全体を通した運営に努めてまいりたいと考えております。

 少子高齢化や人口減少が進展する中,当組合を構成する鹿行5市にとって実のある施策の実現のため,引き続き広域行政のスケールメリットを最大限に生かした事業の展開,組織の運営に努めていく所存であります。

  結びに,コロナ禍が収束し,一日も早く皆さまにとりまして,幸せ多き年になりますことを心からご祈念申し上げ,あいさつといたします。

 

  令和3年4月

  管理者(行方市長)鈴木周也

管理者就任のごあいさつ

このたび,鹿行広域事務組合の管理者に就任いたしました,行方市長の鈴木周也です。

さて,当組合を構成する鹿行5市は,人口減少に伴い税財源が減少する一方,社会保障費の増加に加え,老朽化した 公共施設等の維持管理・ 更新費用が増大するなど,年々厳しい財政運営を強いられています。また,時代の変遷に伴い,生活様式や情報技術が進展し,住民の価値観や行政に求めるニーズも多様化しています。

このような中,当組合におきましても,単なる行政の効率化を目指すだけでなく,時代の進展を的確に捉え,広域行政のスケールメリットを最大限に生かした事業の展開,組織の運営に努めていく必要があります。

また,公共施設等の老朽化は,構成市と同様,当組合が抱える大きな課題であります。とりわけ,養護老人ホーム「鹿行潮来荘」の民営化については,養護老人ホームが地域のセーフティネットであることを十分に考慮しながら,早期に結論を出していかなければなりません。このほか,火葬場や広域消防についても,施設本来の機能を発揮できるよう,限られた財源の中で,総合的かつ計画的に老朽化対策を進めてまいりたいと考えています。

結びに,引き続き,住民福祉・生活優先の基本理念に基づき,圏域住民の皆さまのお力添えを賜りながら,鹿行地域のさらなる発展に向けて行政サービスの向上に努めてまいりますので,ご理解とご協力を賜りますよう,お願い申し上げます。

令和元年11月

管 理 者(行方市長) 鈴木周也