平成30年度 職員共同研修

1 基本方針

⑴   基本目標

  地方分権の進展により行政に求められる役割は,社会環境等が変化し,多種多様化している住民ニーズに応えることが使命であります。一方で,鹿行5市を巡る環境は,少子高齢化の進行に伴い人口減少が顕在化している市もあり,大きく変化しています。

  このような中で,これからの鹿行地域の未来のために求められる人材は,地域の課題や期待に適確かつ迅速に対応し,住民の信頼に応えられるプロフェッショナルとしての自覚を持った職員です。

  以上の状況を踏まえ,当組合で実施する共同研修では,様々な分野の研修を通して,公務員としての倫理観や責任感を持ち,コミュニケーション能力や問題発見・解決能力,創造性能力などを向上させ,鹿行地域の未来を切り拓くことができる職員を目指していきます。また,5市が共同で研修を実施することにより他市との交流の機会を通して,広い視野を持つことができるというメリットを生かしながら,構成市及び茨城県自治研修所と機能の分担を図り,以下の重点実施事項をもとに共同研修を実施します。

⑵   重点実施事項

① 階層別研修においては,新規採用職員から管理,監督者までの職員を対象とし,各階層で公務員として必要   となる基礎知識や応用能力を身に付けます。また,各階層での役割の再認識を図り,課題の発見や解決に向け   自ら切り拓ける職員の育成に努めます。

   さらに,階層別研修を通して,同世代の職員同士で意見交換や交流がしやすい研修環境を提供するとともに   鹿行地域全体の職員の資質向上を図れるよう,職員同士が互いに高め合うことができる充実した研修の実施に   努めます。

② 専門研修においては,職員の能力の開花を促し,多種多様化する住民のニーズを迅速かつ的確に対応をでき   る研修を実施するほか,組織力をより高めるために,必要な課程の充実を図り,職務遂行に必要な専門知識や   技能の向上に努めます。

③ 各研修終了後に実施するアンケート結果などから,研修生の理解度を把握するとともに,より求められる研   修のあり方の研究に努めます。

2 職員共同研修構成団体

鹿行広域事務組合関係市(鹿嶋市,潮来市,神栖市,行方市,鉾田市),

鹿行広域事務組合及び圏域内の一部事務組合

3 職員共同研修一覧(PDFファイル)

4 研修日程表(PDFファイル)

5 各種様式ダウンロード

■  各種研修参加申込書(平成30年度)

■  講師派遣報告書

■  研修欠席届